Java

プリミティブ型 リテラルの基本 書き方

プリミティブ型の種類

プリミティブ型には8種類のデータ型が存在します。

データ型
boolean true、false
char Unicode文字\u0000~\uFFFF
byte 8ビット整数 -128~127
short 16ビット整数 -32768~32767
int 32ビット整数 -2147483648~2147483647
long 64ビット整数 -9223372036854775808~9223372036854775807
float 32ビット単精度浮動小数点数
double 64ビット倍精度浮動小数点数

整数リテラルの書き方

整数リテラルでは、他のリテラルであることを明示するにはlong型であればL

float型であればfなどの接尾辞をつける必要があります。

 

表記

整数リテラルを10進数以外で表す場合は下記のように接頭辞をつける必要があります。

8進数 077のように頭に0をつける
16進数 0x4Fのように頭に0xをつける
2進数 0b0111111のように頭に0bをつける

整数リテラルにはアンダースコアを使った数値表記をすることができます。

しかし、下記のようにリテラルの先頭、末尾、記号の前後には記述できないので注意が必要です。

文字リテラル

文字リテラルであるchar型にはシングルクォーテーションで囲んだ文字を代入することができます。

ダブルクォーテーションで囲むと、それは文字列リテラルであると解釈されコンパイルエラーになるので注意が必要です。

char型に代入

char型にはシングルクォーテーションで囲んだ文字を代入することができます。

1バイトしか代入できないため、’cc’のように複数の文字を代入しようとするとコンパイルエラーとなるので注意が必要です。

また、他にも0~65535の数値リテラルを代入することができます。

Pocket