Java

EclipseでSpringBootプロジェクトを作成する

STSをインストールしよう

HelpからEclipse Marketplaceを開きます。

その後、Spring IDE and Spring Tool Suite (STS)を検索してインストールしましょう。

STSとは

Eclipseをベースとしたspring専用の統合開発環境です。
プラグインとして導入することが可能となっています。

Gradleをインストールしよう

Eclipse Marketplaceを開いていることかと思います。

STSに引き続き、今後はGradleを検索してインストールしましょう。

Gradleと似たようなオープンソースのビルドシステムにMavenというものがあります。

現在のデファクトスタンダードはMavenですが、Gradleの人気も伸びつつあり、もしかすると今後の主流になりうるかもしれませんね。

Gradleとは

オープンソースのビルドシステムです。

GradleはGroovyと呼ばれるJVM上で動くスクリプト言語で記述することができ、Groovyで書かれた設定ファイルはMavenの設定ファイルであるXMLよりも可読性が高く、処理の自由度も高いと言えます。

Gradleはプログラムをコンパイルに留まらず、テストを自動で行ったり、必要なライブラリ等を記述することで、自動的にインストール、管理が可能です

プロジェクトを作成する

まず、Project Explorerのタブの空白部分を右クリックします。

その後、下記手順を実行します。

  1. Newを選択
  2. Otherを選択
  3. Spring Starter Projectを選択
  4. Nextをクリック

下記画面が開かれると思いますので、作成したいプロジェクトの設定に対する項目を入力して下さい。

プロジェクトのディレクトリやJavaのバージョン等。

ここで重要なことはTypeでGradleを選択することです。

入力完了後はNextをクリックして下さい。

こちらの画面ではプロジェクトに予めGradleでインストールしておけるライブラリ等を選択できます。

例えば、HTMLのテンプレートエンジンであるThymeleafやJavaのDBアクセス用ライブラリであるMyBatis(O/R Mappingツール)の選択等。

選択後はFinishをクリックしましょう。

プロジェクトが作成されるはずです。

プロジェクト作成後、作成されたプロジェクトを右クリックしましょう。

その後、下記手順を実行し依存ライブラリのダウンロードをします。

  1. Gradleを選択
  2. Refresh Gradle Projectを選択

右下のプログレスバーが100%になり、エラーが発生しなければリフレッシュ完了です!

表示用のコントローラを作成

ベースのパッケージ配下にHello.javaを作成しましょう。

@RestControllerを記述することでリクエストを受け付けることができます。

起動構成

作成されたプロジェクトを右クリックしましょう。

その後、下記手順を実行します。

  1. Run As (もしくはDebug As)を選択
  2. Debug Configurationsを選択
  3. Spring Boot Appを新規作成する

下記画面が開かれると思いますので設定項目を入力しましょう。

基本的には下記二つを選択する必要があります。

  • Project : 作成したプロジェクト
  • Main type : mainメソッドが記述してあるファイル

入力完了後はApplyをクリックして下さい。

起動する

作成されたプロジェクトを右クリックしましょう。

その後、下記手順を実行します。

  1. Run As (もしくはDebug As)を選択
  2. Spring Boot Appを選択

コンソールに下記表示が現れエラーが発生しなければ起動完了です!

起動後、http://localhost:8080/ にアクセスして「Hello!」と表示されればOKですね。

 

(プラグイン等は既にインストール済みとなっていますが、こちらは過去のものを引用しているためなのでご了承下さい)

Pocket